極めてダイナミック、しかも精密

コンポーネントテストベンチ

私たちのテストベンチにより、テスト車両を使わずにメカトロニクスの現実的なテストが実現可能です。機械・電子システムが高いダイナミクスと精密さを持つようデザインされているだけでなく、それらの相互作用も最適化されています。運転操作ベースのドライバー・イン・ザ・ループ・シミュレーションはもちろん、目標値の手入力による試験や自動テストシーケンスによるテストが可能です。

私たちのサービス

  • テストベンチの設計と動的解析
  • 機器のセットアップ&性能検証と品質保証
  • 自動テスト
  • 極めて動的かつ精密な制御ソリューション
  • ASAM HIL APIなど、柔軟性のあるインタフェース・セットアップ
  • バーチャル試験環境の開発と統合
  • コーチング&コンサルティング

先進的ドライブアシスト機能は電子化・メカトロニクス・テストオブジェクトの増加に直面しています。これらはテストベンチの制御とダイナミクスに新たな要求を突き付けます。増大する複雑性に影響されず、お客さまの最終製品の品質を保証するため、カスタム化コンポーネントテストベンチは開発されました。私たちのソリューションは安全、低コスト、現実的なテストによって、システムの弱点の確実な特定を可能にします。

設計フェーズにおいてテストベンチのダイナミクスの実現可能性を確実に見積もるため、私たちはモデルベースシステム設計の前に、独自のシミュレーションツールTACsi (Test bench Automation and Control simulation)を使用します。物理特性とデータに基づくモデリングを利用し、テストベンチ構成の閉ループ動作のシミュレーションによって、選定ドライバーの計測コンポーネントを初期段階で検証できます。

際限なく増え続けるバリアントと常に限られる予算の下ではインテリジェントなテスト戦略が必要とされます。例えば操舵系の検証と妥当性評価のために、私たちは入手可能な全共通EPS (Electronic Power Steering)のテストベンチと自動化フレームワークTACware®.を提供します。これらは基本的オートメーション、テストベンチオペレーション、非常に効果的な制御戦略に加え、テストシーケンスの自動化とテスト・オブジェクト・イン・ループ操作に適切なインタフェースを提供します。

激化する競争、短縮する開発期間、高まる最終製品への要求、製品コストへの増え続けるプレッシャーのもとで、テストプロセスを、短期間で完了し、最高のテスト精度を保証しなければなりません。従来のテストベンチの考え方では、これらの新たな要求は取り扱えません。私たちはテストベンチとHiLインフラストラクチャーの複合テストシステムを提供します。機構部品とECUの並行テストを実施することにより、効率的なテストプロセスを実現します。お客さまに私たちのシステムインテグレーションの経験を提供いたします。